FC2ブログ

※ここからテンプレ 

このブログについてと
今後のイベント参加状況

このブログはえーえすの日記とか同人情報とか制作物とか載せてるサイトです。
かなりよろずな上ジャンルが多岐にわたる為、初見で情報が欲しい時等は
右側のカテゴリからの閲覧を推奨

現在のイベント等参加予定

現在予定なし(じゃぶマイ検討中)


以降未定

つうはん
同人グッズ(Pixiv Booth)
花騎士アクキー&アクスタ


新作アップしました!今回のキャラはステラ/クルクマ/センリョウ/ホップになります。

レジンアクセ(minne)

ラインスタンプ
黒猫メイドさんスタンプ


うざぎスタンプ

※ここまでテンプレ 


びーちこーみんぐ8

前回今年の行き納めになるといったな?あれは嘘だ!
さすがにあんな結果で終われるわけないじゃん(・3・)

今週はわりかし状態がよかったようなので決行することに
ただ忙しいのは事実なので朝方所用が済むのが10:00時頃、
夜からは会社の忘年会だったのでいつもはフリータイムなんですが3時半切り上げで出発

1932.jpg

中道方面は車が多数止まっていたので一旦志賀島方面へ


1933.jpg

3cm位のフトコロガイ類
右側にも小型のムギガイ等落ちてましたが前回拾いすぎたので
今回はカラフルなもの以外はスルー


1934.jpg

塗装が完全に剥げたバイブレーション
見た目はこんなんですけど
アイとかは普通に生きてたのでキープ


1935.jpg

パッケージに海賊の描かれた大型のガラス瓶
2リッター位は入るんじゃなかろうか


1936.jpg

うちあがってたイトマキヒトデ
生なので海へぽーい

メインはタカラガイ狙いでいろいろ探したのですが
めぼしいものが見つからず早々に移動


1937.jpg

車も停められるようになってたので中道方面へ
入り口で砂をならす工事してましたが駐車スペース増えるんですかねぇ。


1938.jpg

ヒオウギと桜貝
前回とうって変わって1歩あるけばボロボロ落ちてるというフィーバー状態


1939.jpg

特にヒオウギが多数あちらこちらに


1941.jpg

レアカラーのイエロー
ただこちらは縁が欠けてました。うーん残念。


1942.jpg

班入りのイエロー


1960.jpg

オレンジヒオウギ3cm級とおまけ
さすがに目立つ分小さいうちに捕食されるのか3㎝クラスだと地味な柄が増えてくるのですが
これはベタオレンジの良個体でした。今回は同サイズをもう一枚確保


1940.jpg

大型のサルボウ8㎝くらい?
ただ大物は重い分ボロボロになってるの多いんですよね
これも結構痛みがひどかったのでスルー


1956.jpg

黒い桜貝のようななにか
サクラガイと思って拾おうといたらなんか黒い
別種の貝かな?


1943.jpg
1944.jpg

ベニガイ
今回は大型のものがそこそこな数打ちあがってました


1946.jpg

シボリザクラとベニガイ
ベニガイを写真撮ろうとしたらシボリザクラが近くに落ちていたので合わせて
シボリザクラは大体そこまで状態良くないのが多いですがこれはきれいな方かな。


1945.jpg

イタヤガイ
ベージュに色づいた良個体

1949.jpg

イタヤガイとヒオウギ


1950.jpg

黒いイタヤガイ
これに限らずイタヤガイの殻はやたら黒化してるものが目立つんですが
誰か採集して焼いて食べてるんでしょうか?


1947.jpg

ハイガイ
状態の良くないものが多めですが
それでも綺麗なものもいくらか拾えます


1948.jpg

シドロとレアカラーのワインレッドのヒオウギ
今回は結構な数のシドロガイが打ちあがってました。
片っ端から拾ってましたが素材に使えないガスガスなのも多かったので
帰って半分くらい廃棄(´・ω・`)


1961.jpg

ビョウブガイ
小型の物2枚ほど確保
大型のもいくつか落ちてましたが割れてたりかけててたりで
キープはしませんでした


1953.jpg

今回初ゲットのビワガイ
砂の色で気づくかもしれませんが
今まで行ってなかったポイントだったので
しばらくはこちらのポイント重点に回ることになりそうかなぁ


1966.jpg

キヌタアゲマキガイ
写真じゃいまいち分かりづらいですが
ピンク色が綺麗だったので持ち帰り


1954.jpg

表面は完品のカシパン。裏?そうねぇ…
今回は2枚ほどゲット


おまけ

1955.jpg

30㎝位のフグ。おそらくホシフグかな?


1957.jpg

文字通り立ち往生したハコフグ


1958.jpg

サンダル
お約束とはいえ大体どこかで見かけますね


1959.jpg

ちゃんみお
コバルト色のシーガラスって元はなんだろといつも思っておりましたが
結局のところやっぱ酒瓶がメインなんでしょうねぇ


今回の結果

1962.jpg

大型2枚貝類
サルボウもイタヤガイも割といい感じ
カシパンもまともなサイズは初めてなので嬉しいところ


1963.jpg

大型2枚貝類
ツメタガイ以外の大型巻貝自体があのエリア貴重なので
これだけ採れると助かりますわー。
ツメタガイは…そろそろ取り過ぎて場所ないからセーブかなぁ^^;


1964.jpg

サクラガイ、ヒオウギ類
前回とうって変わって採りすぎて隙間がない(;´∀`)
ベニガイは今回が拾った数最多じゃなかろうか
ヒオウギも右上の3cmサイズのオレンジヒオウギはなかなか手に入らないので
上々の収穫でしたあとはレアカラーのワインレッド系のヒオウギも今回多めですねぇ


1965.jpg

その他雑多貝類とかシーグラスとかルアーとか
こちらはどれもこれもぼちぼちといったところ
もうそろそろメダカラはいらないんじゃないですかね…
破損個体やひどい摩耗個体の選別中に
チャイロキヌタや摩耗したホシキヌタっぽいのがいくつかはまじってたっぽいですが


今回は時間制限アリでいつもより時間は少なめでしたが
それでも結構な収穫で満足でした

そろそろ材料も溜まってきましたし。また何か作りますかねぇ。


スポンサーサイト

びーちこーみんぐ7~まぁこんな日もあるのさ!~

1892.jpg

今日もいつもの場所までやってきたんですが大シケの様相
ちょっと波が激しすぎてちょっとあまり波打ち際には近寄りたくないレベル


1893.jpg

前回のキャタピラ車もまだ沈んでました


1907.jpg

前回とうって変わって今回は波打ち際は褐藻類のオンパレード
前回あれだけ猛威を振るっていた緑藻類はどこへ行ったのやら


1909.jpg
1910.jpg

一部ではわずかに波の花も発生してました
おそらくは褐藻類の粘液が要因でしょうかね


1898.jpg

先週と比べると一気に冷えましたがそれでも波が荒いのもあってか
サーファーさんたちもけっこう来られてました


1894.jpg

ゴンズイ
あとは見かけたのはハコフグとフグくらいだったかな…
急に寒くなったので変わった魚とか打ち上げられてないかなと思っていましたが
特に見かけなくて残念


1899.jpg

付着物のついたヒオウギガイ
このサイズだとまだ固着も弱いから外せば綺麗になりそうなのでキープ


1900.jpg

ナデシコガイ
先日が強風警報が出てたのもあって回収対象の桜貝やベニガイ、ヒオウギガイやナデシコガイは
吹き飛ばされたのかあまり落ちてませんでした


1901.jpg

ナガニシ
時化てるのはだいたい察しがついてたのでこういう巻貝とか
狙いでいったんですがおちてたのはこれだけ(´¬`)うーむ


1903.jpg

カシパンの残骸
結構大型でしたが残念ながら破損体


1904.jpg

ヒオウギガイの残骸
破片からの想像ですがサイズ的に元は8~10㎝位はありそう
もし完品ならこのサイズとしては付着物があまりついていない美品だったんでしょうけどねぇ。


1896.jpg
1906.jpg

打ち上げられたプラ製の浮き玉
プラ製の浮き球はいくらでも落ちてるんですが
ビン玉は落ちてないんですよねぇ。
一度見てみたいものです


1897.jpg
1915.jpg

網の残骸
引っかかってとれなくなったのか廃棄されたのか
これもいくつか落ちてました
こういうのに引っかかったら釣り具とか取れなくなるんだろうなぁ


1927.jpg
1902.jpg
1929.jpg

長靴や靴、サンダル KAPPA!
置いていたものが波に浚われたのか、履いてたのが脱げたのか
結構な数が打ちあがってました


1905.jpg

KANI!
タコ釣り用の仕掛けです
針が欠けているので本当にカニだけw


1911.jpg

デカいカニの甲羅だなぁと思ったら
よく見たらカブトガニの腹甲だコレー!
完品なら持ち帰るんだけどなー腹甲だけだとなー
足跡である程度推測着くかもですがこれだけで20センチを超える大きさなので
成体サイズは50~60㎝クラスでしょうかねぇ。
海ノ中道より北のほうの津屋崎あたりはカブトガニの生息地になってますので
以前も発見されてるようですし
もしかしたら海ノ中道のほうでも少数が生息してるんですかね?


1912.jpg

ルアー
塗装が剥げてクリアボディに
フックは喪失してましたが使えそうだったのでそのままキープ


1913.jpg
1917.jpg
1921.jpg

空き瓶いろいろ
普段はあまり見かけないですが今日は空き瓶が複数流れ着いてました
洋酒系のビンが多かった印象かなぁ。
エボシガイが付いてるものが多かったので1~2年くらいは漂っていたんでしょうか?
こういうのが磯に当たって砕けるとシーグラスになるんでしょうねぇ。


1928.jpg

プラスチックのゴミかと思ったらカツンと固い音がしてよく見たらこれもビンでした
一体何のための容器だったんでしょうこれ?


1914.jpg
1918.jpg

ハングルシリーズ
お隣の某国から流れ着いてきたのかそこらで捨てられたのか
写真は取ってないですが酒瓶とかも見かけました


1916.jpg

釣り用の撒き餌柄杓
今日の杖代わりにしようかと思ったのですが
よくみたら「DAIWA」のロゴが入ってたので方針変換でキープw
現金なものですw


1920.jpg

ウキ
まあ役割的にそういうものなんですけど蛍光オレンジだから目立ちますね
状態がよかったのでキープです


1922.jpg

ヤシの実
既にボロボロで繊維がむき出しになっていたので
最初は首かと(;´д`)


1923.jpg

謎の黒い物体
deeperでその場でスマホで検索したら釣り用の魚探みたいです
現在は新モデルが出てこれは旧モデルみたいですが元は結構なお値段するようです
そこそこの重量あるみたいですし投げた時に糸が切れたのか…ご愁傷様過ぎる(;´д`)
エボシガイの付き方的に1年くらいは漂ってたんでしょうか?
動作できるかどうかは不明ですがキープ


1924.jpg

ヒオウギ?ヒナノヒオウギかな?
あまり見かけないカラーパターンかも


1926.jpg

ペットボトルの蓋に密集したイガイ
君らがっつきすぎやろーw


1930.jpg

今回の収集物
しょぼ^^;
いつもの3分の1以下じゃなかろうかw
回収対象物が波に巻き込まれたのか風で吹き飛ばされたのか全然見つからない有様でしたしねぇ。
ベニガイに至っては完品ゼロという有様
大体は海藻の下で飛ばされてないのを見つけたのが殆どでした


1931.jpg

他回収したもの
写真には入ってないですが柄杓も回収しました
deeperはエボシガイを削り落として洗ったあと調べたら
パッキンが死んでおらずUSBの接点部分は普通に動作したので
うまくいけば動作可能かも。


今週以降の週末はちょっと忙しいのでビーチコーミングは無理そうだから
今年の行き納めになるはずなのに散々な結果に(´・ω・`)まあ自然相手だからそういうこともあるよね
寝ててよかったかなこれは

びーちこーみんぐ6~只今乾燥中~

1880.jpg

前回はばらばらに桜貝を置いてましたが
せっかくなので色ごとに並べてみました
滅茶苦茶時間がかかったのでもうやりませんヽ(´ー`)ノ


1881.jpg

壊れてようがツメタガイに穴開けられてようが片っ端から桜貝は拾ってますが
こうしてみるとピンク系とオレンジ~黄色系の割合は3:7くらいでしょうかねぇ。
案外ピンク色は少ないです


1860.jpg

前回の回収時のタッパー画像ですがこれだけオレンジ系が多いと
そりゃオレンジ色になりますよね。ヒオウギガイとかも混じってますし。


1882.jpg

今回とれたハイグレード個体。
左側の比較用個体と比べると濃さが違います
ピンク色もいいですが、ピンクグレープフルーツのような紅色も捨てがたい
こちらは別枠管理でアクセサリー材料用ですかねぇ。


1883.jpg

ヒオウギ、ナデシコ、キンチャク類
今回はチビ貝が結構な量取れました。しかしオレンジ、赤系はそこそこ見かけますが
黄色はなかなか取れませんね。
上段中央のオレンジのヒオウギガイは現時点でこのサイズで
トップクラスの美品でしたのでディスプレイ用ですね


1884.jpg

大型貝類、タカラガイ類
一番大きいホシキヌタは状態も良くてほんと嬉しい収穫でした。
2番目に大きいのもホシキヌタだったんですがこちらは表面が擦れていたのがちょっと残念。
メダカラは2個ほどつやつやの新鮮な個体がありましたがまあメダカラなので
これでもだいぶ擦り切れたやつは捨てましたが。
メダカラは状況に応じて良質なものに捨てつつ更新みたいな形になるかと思いますが使うんなら
裏の口面を生かす形でフォトフレーム素材とかに使うくらいですかね。


1891.jpg

ひとまずホシキヌタ君はビーチボトルの上にでも転がっててもらいましょうw


1885.jpg

雑多貝類
今回はイタヤガイ多めの代わりにサルボウガイやタマキガイが少なめでした。
あとはシーグラスがぼちぼち


1887.jpg

小型巻貝類
調子のって取り過ぎィ!ムギガイこんな採って帰ってきてどうすんの!?
一発でケース一区画分埋まったし


1890.jpg

今後はもうカラフルタイプしかとらない!


1886.jpg

分かりづらいけどネジガイ
中の内容物で黒くなっちゃってるけど
どうやって取り出せばいいのか(´・ω・`)


1888.jpg

なんかいつの間にか混じってた貝
気になって調べてみたらハマシイノミガイという海辺付近に住む陸貝らしいです
貝自体は面白いのでそのままキープ


1889.jpg

ベニツブサンショウガイ
今回は小型が多かったですがかなり新鮮な個体が取れたのはありがたいです
小さくても目立つので小瓶の中に砂と一緒に入れても面白いかなぁと思います。
もう少し貯まったら何か作りたいですねー。


今週は天気予報によるとこの後土日にかけて急激に冷えるそうで
なんか面白いものが見れそうな気もするので寒さに負けなければ行ってみようかと思います
寒さに負けたら寝てますけどw

運が良ければソデイカとかも打ちあがって来そうなのでクーラーとギャフも装備していきますかねぇ。





DMMごった煮67

近況

現在貝類の整理やら製作で追われていたり(;´д`)
安西先生時間が足りないです。



イラスト

1878.jpg

コマチソウちゃん落書き
花騎士のイベントも100回目だそうですが
普通の子よりもやっぱこういうブッ飛んだ子の方が印象に残るよねぇ。



アイギス


1865.jpg

謎のフード戦士覚醒。
個人的にはこういう謎の強モブみたいなの好きなんですよね
特にこのキャラは飛行してるからモブなのに強キャラ感がすごいw

この手の正体を明かせないモブPTとかも面白そうなんですけどねぇ。
実際やるとめっちゃ強そうですが


1866.jpg
1867.jpg

正気かアイギスどん!50連回してダブリ黒1しかでんとは!
50連回して実質得たものはダルクだけっていう
人によっては黒3くらいは出てる人もいたみたいなんですけど
うちのアイギス様は邪神でした_:(´ཀ`」 ∠):_


1868.jpg

人気投票ガチャはモルテナ/シルヴィア(所持)/スーシェンチームのガチャで
黒確定で2/3に勝利してモルテナさん加入


1869.jpg

現在覚醒して調教師に第2覚醒まで終了
実際使ってみましたが強犬を最前線に放り投げれるのは強いですわコレ


1870.jpg

石が5周年チケを変える量まで減らすのとクリコネの為に確定まで
帝国ガチャ回してたら途中でまさかの黒ヒーラーw
また確定までやり直しじゃないですかヤダー!
とりあえずこちらは一旦育成は後回し


1871.jpg

石が149まで使ったので5周年黒チケを購入して
金光ちゃん召喚


1872.jpg

これでおりゅられずに済むぜー!対魔神の為、現在育成中です。
というかいい加減結晶上限300は増やしてほしいのよねぇ(´・ω・`)
今時さすがに少なすぎる


1873.jpg

冗談は頭身だけにしろというパワーワードwww
というか大体ちびの交流は王子が子供甘やかしになるのに
ラピス様だけ王子が塩対応で吹くw


花騎士

1877.jpg

キャラクターが高レアアイテムを教えてくれる→ヒントから全部見える→表面でレアリティが分かる←今ここ
カードめくりのAFN化がひどいwもう全部表でもいいんじゃないかなw


1874.jpg

今回の水影が今まで高レアの強キャラだったのに何でパンジー姉妹ってなったけど
なんぞこれw

1875.jpg

オトギリソウだけを殺すパネルかよ!(アイビーも転ぶらしい)


1876.jpg

わろてまうやろこんなんw


1879.jpg

狂戦士タイプはともかくエノテラや今回のパンジー姉妹みたいに
あまり戦意のない水影相手はどうしても後味の悪い戦いになるけど
最後にベロニカさんが楽しそうで何よりですw
まあ確かに気が合うだろうなぁあのメンツはw


おまけ

あねもねさんのむごんのあつりょく

あねもねさんのむごんのあつりょく

びーちこーみんぐ6~本当は怖い海ノ中道~

西岸探索後再び海ノ中道へ

1817.jpg

相変わらずオフシーズンだというのに車が多い
ここはサーフィンや釣りにやってくる人も多いので案外オフシーズンでも
結構人が多いんですよね。


1818.jpg

こちらの場所は砂浜に直接乗り入れて駐車できるのですが
この駐車場所が曲者で固い岩盤になっている場所が明るい範囲くらいしかありません
駐車場が満車の時は奥のほうやその前に停めることになってくるのですが
四駆やオフロード対応車なら問題ないのですがFF車だと
きめの細かい砂に駆動輪を取られてうかつするとスタックします
他の車が止まってるから大丈夫と思って停めると
スタックする事態が多発するわけです。ええ恥ずかしながら以前やらかしました(;´д`)

その際は周りの方に手伝ってもらって何とか事なきを得たのですが
(サーファーの方に手伝ってもらいましたが実際かなり多発するとのことでした)
もし周りが帰って自分だけになった時にスタックすると立ち往生する羽目に(((( ;゚Д゚))))
そのため万が一を考えてこちらへ来るときは
1864.jpg
こういうスタック脱出アイテムとか積んでいると安心です。
今の時期だとカーショップ等で対雪道対策で取り扱っているので入手もしやすいかと

そして情報を集めるときに「海ノ中道 スタック」検索していたら
JAFの車がスタックして水没してました



ミイラ取りがミイラに(´¬`)


1819.jpg

そして今日の海ノ中道
もう12月ですが割と暖かいのでサーファーでにぎわってます。


1820.jpg

ちょっと海岸を歩いてみるとコメツブウニの漂着ラインが


1821.jpg

一見発泡スチロールのクズみたいな漂着物ですが
米粒型の白い塊はコメツブウニという極小のウニの殻です
これ自体は収集対象にはしてないですが
これが大量漂着している場合いろいろ珍しいものも期待できることが多いです


1822.jpg

早速レアカラーの黄色のヒオウギガイ。
オレンジは穴空いてて残念
毎回そこそこの数は拾えるヒオウギ類ですが今回はかなりの数落ちてました


1823.jpg
1833.jpg
同じ場所でつづける宿命ですが
毎回サクラガイ!ヒオウギ!ナデシコ!ベニガイ!終了!みたいな流れなので
たまには収集対象じゃない貝も
こちらはヒバリガイ。殻がオレンジ色のイガイの仲間ですが派手なオレンジ色をしているので
一見ヒオウギかと期待して目を凝らすとコイツだったりするニクイ奴
いやほんと誤認するんですよね(´・ω・`)


1825.jpg

ボロボロになったエギ
何故か今回は釣り具の漂着が結構ありました。
流石にボロボロだったのでスルー。他の奴は後程


1826.jpg

ビョウブガイ
今回はこれ一枚。大型の破片は落ちてるんですが
なかなか大型の完品は拾えないんですよねぇ。


1827.jpg

ベニガイ
大体行けば何枚かは拾えるんですが今回は桜貝とほぼ大きさの変わらない
小型のものが多めでした


1828.jpg

ワシノハガイ
地域によってはなかなか見られない貝らしいですが大小サイズそこそこ落ちてます
とはいえ個人的には素材としては使いづらいのでスルー対象


1829.jpg

ミニヒオウギ
1㎝あるかないかの小型の個体ですが
その目立つ外見からか案外目につくんですよね
たまにヒバリガイに騙されますが


1830.jpg

ヒナガイ
そこそこ落ちてます。数の割には両殻つながった合掌の物が多いかも
見かけてもこちらはスルー対象


1831.jpg

キンチャクガイとヒオウギガイのコラボ


1832.jpg

ハングル文字から韓国から漂着した何かのボトル
読めないので何が入っていたかはわかりませんがお酒ですかねぇ。



1834.jpg

ウニ殻
こちらはサンショウウニっぽいですかね
個人的には緑の鮮やかなバフンウニが好きです。
これは大き目の個体ですが小さめのバフンウニも数個確保しました


1835.jpg

ハナイタヤかな?
今回はイタヤガイ類はそこそこゲットできました。
イタヤガイ類は形がザ・貝って感じがして好きです

1842.jpg
1855.jpg

根がかりしたものが打ちあがったエギやジグ
特にジグは状態も良くてサビもないあたり買った直後の物が引っかかったのかねぇ。
後輩にビーチコーミング行ってると伝えたら「ルアーとか見かけたらくださいよ」と
頼まれていたのでお土産がてら回収


1836.jpg

見失ったネジガイを探して偶然見つけたシボリザクラ
サクラガイ系はかなりの数回収してますがそれでもこれで3枚目という
ここの浜だと激レアのサクラガイです
あんまり状態良くないですが手に入る機会がなさ過ぎてそうもいってられないので即回収


1837.jpg

不明
模様がいい感じなので持ち帰りましたが
この貝ほんと何なんだろう


1838.jpg

まるで草が生えてるみたいに見えるだろ


1839.jpg

海藻なんだぜこれ
ここから先は貝ラインが完全消滅してたので撤退


1841.jpg

イタヤガイとウニ殻とツメタガイ
今回は大型巻貝はツメタガイのみっていう
他の大型巻貝も欲しいんだけどねぇ。
ちまちま小型貝集めながら進むから
大型の貝は他の人に持ってかれちゃってるってのが大きいんでしょうが


1843.jpg

今回最大のキンチャクガイ
大きいのはいいんですが大きくなればなるほど付着物が増えがちなんですよね。
除去の処理が大変(´∀`:)


1844.jpg
1845.jpg

うち捨てられていた謎のキャタピラ車
なぜこんなところに沈んでいるんだろ?


1846.jpg

謎のアヒルちゃんバルーン


1847.jpg

サルボウガイと今回最大のベニガイ
今回は普段よりはサルボウガイやタマキガイの落ちている数が少なかった印象


1849.jpg

今回最大クラスのヒオウギガイ
最大と言っても3センチクラスですが色もよく付着物もない良個体でした


1850.jpg

真っ白なキンチャクガイ
丸っこいフォルムがかわいらしいです


1851.jpg
1852.jpg

サクラガイ?と思った謎の貝
ピンク系の貝ではあるんですが明らかに違う何か
よくわかんないけどとりあえずキープ


1853.jpg

矢絣模様が全然出ていない採集非対象のタマキガイ
普段回収するのはかなり派手な柄が多いですが大抵はこんなのです。


1854.jpg

マクラガイとキンチャクガイ
マクラガイは今回拾えたのは一個だけ。
擦れてあまり状態は良くなかったけど一応回収


1856.jpg

帰り際波打ち際にできた新ラインを見たらこの様総


1857.jpg

おわかりいただけるだろうか?
赤丸で囲っているところはすべてサクラガイです。
5mくらいひたすら落ちててフィバってたので
波と戯れつつ回収回収


1858.jpg

最終的な今回の採集物
ヒオウギ桜貝類2袋に他雑多貝4袋、シーグラス半袋+大型貝+エギ・メタルジグ
このくらいチャック袋持っていけば大丈夫かと思っていたら割とギリギリで焦りました(;´д`)
毎回行けば結構な量かせげるのはありがたいです


1860.jpg

ピンクというよりオレンジに染まるヒオウギ、サクラガイタッパー
今回は前回よりもちょっとウニ殻も多いです
ただ脆いのもあってこんだけ数あると乾燥スペースに移すのも一苦労だったり(:´∀`)


1861.jpg

他雑多小型貝類タッパー。桜貝が割れないよう桜貝類とは分けてます
今回は西岸で拾ってきたタカラガイ多め
ただ数多すぎて場所取るので柄擦り切れてるやつは最終的に廃棄ですかねぇ。


1862.jpg

大型貝類
ホシキヌタは状態も良好で嬉しい収穫でした
相変わらず大型巻貝はツメタガイのみ(´・ω・`)
ぜいたくな悩みですが海ノ中道は2枚貝は強くても大型巻貝は微妙なんですよねぇ。
今年度中はスケジュール的に無理ですがいずれは宮崎か鹿児島へ
連休を利用して大型巻貝の採集遠征へ行きたいところです。
イタヤ貝は好きな貝なので持ち帰ってきましたがちょっと状態が悪いので
これは廃棄かなぁ。



1863.jpg

回収した釣具。
こちらはすべて後輩行きw
一番上のエギは状態微妙だけど他はまだまだ使えるかなといったところ
毎回こんな風に集まればいいけど普段は早々手に入らないんですよね。


海ノ中道へは年内あと1回くらいは行きたいところです
というか集めすぎて乾燥が全然おっついてないっていう(;´∀`)