カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

日々の日記とか気になったニュースとか

主に同人用じゃないイラストとからくがきとか


レジンで遊ぼうその5

―――広告――――

minneさんのところにいくつか作品追加しました。

270.jpg

【マリン】サルボウガイのシェルネックレスL マリンブルー【貝殻】



272.jpg

【マリン】サルボウガイのシェルネックレスS エメラルドグリーン【貝殻】


271.jpg

【マリン】クラックビー玉と金魚のタマキガイストラップ【貝殻】


273.jpg

小さなクラックビー玉のピアス レッド


よろしくお願いします。


―――本題―――

最近はゲームとかねむねむで一向に作業が進まない葦原さんです(´・ω・`)
絵とかも描きたいのに時間が足りない!

まあそんななかでちまちま合間を見ながら作業してます。

とりあえず新作の作業風景とかその他のものとか
今回はだらだらgdgd進行


266.jpg

タマキガイの仕分け作業。
こうしてみると一枚一枚だいぶ模様が違うんですよねー。
ペンダントとかの一点ものならまだしも、ピアスにしようとすると
大きさと模様をそろえる正解のない絵合わせ作業になるという。

一応ビーチコーミング時点で見栄えの良い柄のものだけを拾ってきてますが
砂浜に転がってる半分以上は一番下中央左寄りのような地味なものや
いまいちな模様のものが多いです。


264.jpg

金魚のシリコン型を買ったので量産量産
通常の20%くらいの値段と安かったので中国の業者の並行輸入品買ったら
届くまでに半月かかったっていう…もう使わねぇ…。

凄く小さいんですが凸凹が多いからヒレの間とか隙間に空気が入り込んで
取り除くのが思ったより大変。
へばりついてるからエンボスヒーター当てても浮き上がらないし(´・ω・`)
地道に爪楊枝で取り除いてました。
一回目ハードレジン使ったらバリ取りが型抜きみたいに(^q^)
結局バリ取るのが大変なのでソフトレジン買って作成。
今回は単色だけど人によっては白混ぜて更紗とか作ってたりもするんで
今度はそれも挑戦してみたいところ。


265.jpg

こちらは上の作品のプロトタイプモデル
ガーデニング用の水苔を一緒に封入したけど微妙だったのでオミット
あとこの時点では金魚の上に金ラメ入れてましたけど
悪目立ちしすぎなので作品の方では金魚の下に


268.jpg

サルボウガイのシェルトップのグリーンタイプ
スワロフスキーのグリーンが届いたのでこちらも作ってみたり
ガラス粒自体はあるのでレッドも作れるんですがどうしましょうかね。


269.jpg

グリーンは発光の強い発光体が使えるので
蓄光の光が強くていいですねー。
こういうギミック物は作って楽しいですわ。


267.jpg

没作品のヒオウギガイプレート
いい加減溜まってるヒオウギガイ使って作ろうかしたけどいまいちかねぇ。
案外これメインで作ろうとすると難しい
最終的に穴開けて個人用のアクセかなぁ。


274.jpg

To Be Continued...ななにかの試作品。
次ぐらいにまともなもん出来たら記事にするかも…



それでは今回はこの辺で―(。╹◡╹。)ノシ
そろそろ貝殻の在庫もだいぶ減ってきたからまた海も行かなくちゃだなぁ。










スポンサーサイト

レジンで遊ぼうその4 ストローレジン

100均で売ってるストローが
レジンの型に使えるという話を聞いて挑戦してみました

レジン49

買ったのはセリアで売ってるタピオカ&スムージー用ストロー。
飲みにくいドリンク用なので直径1.2㎝の極太ストローです。
通販などでもタピオカストローで検索すると似たようなのが出てきます。
不透明のものはUVライトで使えないのでなるべく透明のものがいいです。


レジン50

UVライト内に入る適当な長さにカットした後、レジンを入れる目星をペンでつけていきます。
地味にきれいに水平に切るのは難しいので両端を底にして一本につき2個作る感じがいいかもです


レジン51

マスキングテープで底をふさいだ後一旦硬化して底部を塞ぎます
あとは適当に好きなものを突っ込んでいくだけ。
とりあえず今回は実験的に余っている素材を突っ込んだものと
ガチ用にブルー系のガラスカレットを突っ込んだものを作ってみました。
尚、ストローはプラスチックなのでエンボスヒーターが使えません
ならばと気泡はあえてデザインとして残す方向に。


レジン52

UVライトに当てて硬化させます。厚みがあるのでやや長めに当てた方がいいかもです。
固めたらストローに切れ目を入れてミリミリと破っていきます


レジン54

ちなみにストローが柔らかいせいかきれいな正円にはならないです
あくまでお試しみたいなものでガチできれいなの作ろうと思ったら
やっぱりシリコン型が必要ですね。


レジン53

取り出したのがこちら。
これからバリを大まかにカッターで削った後、ヤスっていきます
ある程度ヤスったら更に細かい目の耐水ペーパーでヤスります
これでもかとヤスったらコンパウンドで更に研磨

…飽きてきたら適当にトップコートを塗って仕上げます(ォィ


できあがりがこちら

レジン55
レジン56

実験用ごちゃまぜミックス
以前仕上げるのに失敗したクラックビー玉を入れてみましたが隙間に他のアイテムが落ち込むと
動かせなくなるから向いてないかも(´・ω・`)
巻貝系は油断すると硬化中に中の空気が出てきたり
最悪貝の中の砂がこぼれたりするので
先に口をレジンで固めておいた方がいいです。

巻貝何個か突っ込んで作るのは割と面白い感じになりそうかも。


レジン57
レジン58
ブルーガラスカレットミックス
青系で揃えるとさわやか感がでて夏用アイテムとしていい感じに仕上がりました
こちらはストラップか何かに加工予定。


とりあえず感想としてはレジンで固めるのは楽なんですがヤスるのが大変。
それを除けばリーズナブルに細長型レジン作れるのはなかなかおもしろいです。
余裕があったら巻貝メイン版も作りたいですね(*´∀`)


レジンで遊ぼうその3 宇宙塗り

―――広告――――

GWに実家帰ったら親が作っていた布ぞうりの販路を探してたので
いくつかうちのminneさんのページでも委託販売始めました

布ぞうり01

黒と赤の布ぞうり(23~24㎝)


布ぞうり04

黒とピンクの布ぞうり(24~25㎝)


布ぞうり02

桜色と黒柄の布ぞうり(24~25㎝)



布ぞうり03

黒と浅緋色の布ぞうり(23~24㎝)

ジャンルは違うとはいえ
親子そろってやってること変らんですな┐(´ー`)г




―――本題―――


今回は宇宙塗りです
簡単に言えばマニキュア等を使って宇宙(というか銀河)っぽく仕上げる塗り方の技法です。
レジンのジャンルの中では人気のあるジャンルで宇宙塗りで検索をかけると
さまざまな作品や塗り方の手順とかが出てきます。

次回の作品に使いたいのでとりあえずはミール皿でチャレンジ

レジン40

金古美カラーだとそこが濃い為、色味が暗くなってしまうので
まずは裏地が透けないように白でベースを塗ってます


レジン41

適当にダークブルーでベース塗り


レジン42

ラメグリーンで銀河との境界ラインを作成。
割と宇宙って適当なのでここのカラーはお好みで大丈夫っぽい


レジン43

銀河のラインをゴールドで作成した後、境界ラインを2度塗りして強調


レジン45

後は銀河の中心付近にべたっとゴールドのグリッターを塗って、周辺に爪楊枝等でポツポツとラメを落として完成。
このままレジン…っていきたいところですが
有機溶剤が揮発して気泡になったりレイアウトが崩れたりするらしいので
有機溶剤を完全に揮発させる為にこのまま3~1週間ほど放置


レジン46

んで完成したものがこちら
今回は練習なので上にラメのせ+ブリオン撒いただけですがいじるともう少しいろいろできそうですね
ブリオンやスワロフスキーで星座作るのもありかなぁ

ある程度時間かかりそうですが
本作品ができたらまたいろいろと書きたいと思いますヽ(・∀・)ノ







レジンで遊ぼうその2 貝殻アクセサリー

サルボウガイのシェルアクセがある程度まとまった数できたので
ミンネさんに載せてみました

レジン37

【マリン】サルボウガイのシェルネックレスM マリンブルー【貝殻】



レジン35

【マリン】サルボウガイのシェルピアス マリンブルー【貝殻】



レジン38

【マリン】サルボウガイのシェルストラップ マリンブルー【貝殻】



以前も試作品段階のものを上げてましたが
とりあえず今回の紹介はネックレスタイプのものの作成写真とかを


レジン36


その前に今回の100均コーナー

レジン22

セリアで購入したシリコン製キッチンマット(透明)です。
これを下に敷いて作業しておくと万が一レジンをこぼしたとしても
シリコン製なので最後に紫外線ランプの中に突っ込んで固めてしまえば
簡単に処理できるので楽チンです。
汚したとしても100円なので買い替えもそこまでかからないので重宝しますヽ(・∀・)ノ


レジン23

それと100均ではないですが最近エンボスヒーター買いました。
機種はこれですが他にもいろいろ出てるみたいです。
ドライヤーの風を弱くして熱量を上げたような代物ですが
これがあると気泡を加熱して浮力を上げることで一気に消し飛ばせます
一瞬でプチプチプチとつぶれるので爽快感半端ないです(*´ー`)
また加熱によってレジンの粘性が大幅に下がるのでレジンを薄く塗り広げたいときも
これを当てればまんべんなく薄く延ばせるから表面をコーティングしたいときとかも
非常に使い勝手がいいです。
ただし粘性が下がるということはその分表面張力も下がる上、弱いとはいえ風が当たる分
こぼれやすくなるので盛るときは注意が必要です。

欠点は熱量が高いので下に敷いたクリアファイルがあっという間にぼろぼろになること_(:3」∠)_
これはプラスティック製品の宿命なので仕方ないですが。
なお、購入検討時ネットで見た話で実際使ってはないですが、
これを使うとプラ板をオーブン使わずに縮められるとか






レジン24

こちらは前回で用意した穴あきのサルボウガイ


レジン25

別口で用意した8㎜サイズのクラックビー玉
まずこんなもの売ってないので8㎜のビー玉を通販で買ってきて
自前で加工しました


レジン26

まず貝にあけた穴をマスキングテープでふさぎ
レジンが漏れないようにしておきます


レジン29

濃い色のガラス粒で底部を作って固めた後、クラックビー玉とブルーのガラス粒を載せていきます
クラックビー玉は構造上脆い素材なので
この時クラックビー玉を一回転以上させて全体にレジンを塗ってコーティングしときます


レジン30

大き目のパールと、クリアのガラス粒を乗せていきます。
この後UVランプで一度固めます。

レジン32

再度ビー玉の上からレジンを垂らしてコーティングしつつ
貝殻をレジン液で満たします
クリアガラス粒はレジン液の中に浸ると
屈折の関係で輪郭線が消えるものが出てくるので
若干溶けたような感じになります
この時に小型のパールも配置
この後再度UVランプで硬化

レジン31

配置地点にレジンを薄く延ばし
スワロフスキーを置いていきます
スワロフスキーもレジン液に浸かると
屈折が変わって輝かなくなるので
なるべくレジン液に浸らないようにするのがコツです
配置を終えたらUVランプで硬化して終了


終わったらマスキングテープを剥がして
前もってあけておいた穴から
ドリルでレジンに穴をあけます。
先にハンドドリルで先穴をあけておいて
リューターで削ると楽です
レジンの粉が舞うので粉塵マスク必須


レジン33

そしてそこへヒートンを差し込みます
うちは差し込みヒートン使ってます
ネジ状になってないので開けた穴に
接着剤を塗って差し込むだけ

おそらくこれでも大丈夫ですが
最後に再度レジンをヒートン周りに塗って補強します。

レジン34

これで完成ヽ(・∀・)ノ

次回はまたちょっと別のにチャレンジしてみようかと思ってます。



レジンで遊ぼうその1

なんだかんだでなかなか時間取れませんが
ビーチコーミングでいろいろと材料集まってますし
ちょこちょことレジンアクセ作ってます
しばらくはマリン関係でレジン作っていきますよ(´ー`)

本当は制作過程とかも写真撮りたいんですが、
薄手のゴム手袋してるから外したくないんですよねつけるの面倒だし。
かといってそのまま使ってデジカメにレジン付着してもいやですしねぇ。
アレルギー怖いし。


先々週とってきた桜貝が大量にあるので
砕いたフレークを使ってレジンネックレスを作成してみたり。

33.jpg

こちらはminneさんに登録しましたのでせっかくだし
販売してさせていただいてますヽ(・∀・)ノこちら



32.jpg

こちらの桜貝を丸ごと使ったピアスも登録予定でしたが
ちょっと諸事情により見送り(;´д`)
次回作成が進んだら登録するかもです。





31.jpg

サルボウガイベースのクラックビー玉を使った
ペンダントのプロトタイプ
こちらはサイズ調整や配置などの目途がついたので
次回レジン扱う時に作成予定です。
とりあえず今日はこれの素材用の貝に穴開けてました(`・ω・´)
リューター買ったのでダイヤモンドピットでぎゅいーんです




レジン18

あとこちらは余った着色レジンでちょっと試しに作ってたもの。
これ自体は失敗なんですが桜貝の半透明さを利用して
裏側からホロを透けさせるって手法は今後いろいろと使えそう


まだ研究段階だったり調整してたりしてますが
いろいろとつくっていくのでよろしくですヽ(・∀・)ノ