FC2ブログ

宮崎びーちこーみんぐ!13

2312.jpg

きちゃった(*’ω’)
約一か月ぶりにまた宮崎へ。
交通費めっちゃかかるし深夜2時出発の帰りは翌0時近くになるとはいえ
やっぱりタカラガイ拾い放題ってのは大きいんですよねー。
お金も時間もまだあるうちに行っておこうかとw

今回は前回成績よかった場所とさらに南方へ新規開拓へ


2313.jpg

チャイロキヌタ
海の中道でも拾える割とありふれたタカラガイですが
小型の上、メダカラと違って口側が白いのでクラフト素材として使いやすいんですよね
口側が傷ついていないものは回収してます


2314.jpg

ナツメモドキ
やや擦れ個体かな
前日くらいに採集済みなのか今回は前回のポイントが
これを含めあまり状態のいいものが落ちておらず微妙でした。


2315.jpg

サメダカラ
口側が独特なので非常にわかりやすい
そこまで落ちていないのでポツポツと拾えるくらい


2316.jpg

カズラガイ
海の中道でも一度見かけてましたが破損体だったので
キープはここが初めて


2317.jpg

摩耗して真珠層がむき出しになったサザエ
ボロボロでしたがきれいだったのでついお持ち帰り


2318.jpg

ヤクシマダカラ
この個体もそうでしたが形を保ったものは案外上の方に落ちてたりします
大潮の時に流れ着くのでしょうけど案外気づかれないんでしょうかねぇ。


2319.jpg

青島~日南あたりで見かける鬼の洗濯岩ですが
これが邪魔して案外打ちあがりが悪いような感じがします
周辺には生息しているんでしょうけど何故か洗濯岩ではほとんど死殻すら見かけないんですよねー
見かけても緑になったようなビンテージものの殻ですし
結局あまり洗濯岩の発達してない場所となるとかなり限られてくることに。


2320.jpg

張り付いていたカサガイ
暖かいからなのか餌が豊富なのかデカいのがあちらこちらに張り付いています
これとかコトブシくらいはあるんじゃなかろうか。
まあクーラーとか積んでないので悪くなるから逃がしてきましたけど(・ω・)


2321.jpg

ナツモモ
今回の新規ポイントで発見
ドット柄がかわいい貝です


2322.jpg

ナガウニ
ウニ殻は宮崎では初めて
ナガウニという名前通り真円じゃなく楕円形です


2323.jpg

コモンダカラ
ちょい擦れ個体かな?
生息数が多いのか割と見かけます


2324.jpg

今回のグロ枠
妙なにおいがすると思ったらコイツ
ハモかクロアナゴと思ってたけどどうも違うっぽい
一体なんだったんじゃろ?


2325.jpg

カモンダカラ
そこそこ見かける種類なんですが小型種クラスのサイズの割に
あまり状態のいいものは拾えないです
口側がみたらし団子みたいな色なので遠目でも判別は容易です


2326.jpg

アヤメダカラ
こちらは口側が紫のアヤメダカラ
拾える量はカモンダカラの半分以下くらい


2327.jpg
2328.jpg

タガヤサンミナシ
模様が綺麗なイモガイの仲間
毒貝として有名なアンボイナほどではないですが死亡例のある毒持ちなので
対策として一応トングを使って生死確認してます
前回は破片を見かけるくらいでしたが今回は新規開拓地で
いくらか拾えました


2329.jpg
2330.jpg
2331.jpg

今回の当たり浜での成果
ウキダカラは今回が初ゲット。まあ模様はだいぶ擦れてますがw


2334.jpg

ハナマルユキ
4㎝クラスの状態のいい個体
ハナマルユキは落ちてる数自体は一番多いんですが
同クラスの貝と比べるとかなり重く擦れやすいので
このサイズが状態良く手に入るのは貴重ヽ(・∀・)ノ
まあ艶消しくらいにはなってましたがそのくらいならどうとでもなりますし


2335.jpg

いやー絶景かなー


2336.jpg

尚、浜まで降りるのにロープを使って5mくらいの崖を下ることに
そしてそこまでやって外れ浜だった模様_ノ乙(、ン、)_
釣り人も帰り際来てましたがあまりに降りるの大変過ぎて
断念して帰っていきました。


2337.jpg

唯一のめぼしかったものはおそらくタルダカラの破片
※ハチジョウダカラとのことです。なおき様ありがとうございます。
7.5㎝近い大きさでした。さすがに口だけでも重い


2338.jpg

「山登りですか?」「いいえビーチコーミングです。」
今回は結構行くまで難度の高いポイントも多かったり
さすがに前回の砂浜用のマリンシューズでは危険なので
今回は釣具屋で対磯用のフェルトスパイクブーツを購入しました


2339.jpg

小山一つ踏破して抜けた先はプライベートビーチ


2340.jpg

小さめのタガヤサンミナシ
まあ大体死んでるとはいえ怖いので拾う時はトング使ってます


2341.jpg

さっきより状態のいいウキダカラ
擦れてるけどまあこのくらいならどうにかなりそう。


2342.jpg

ホシキヌタ
結構落ちてるみたいなんですが探すのが下手なのか
状態がいいのはこれのみで拾ったのは他数個くらい



2343.jpg

いたるところに大きなサンゴ片が落ちてます
形のいいものはちょこちょこ拾ってましたが
さすがにここまででかいと邪魔になる^^;


2344.jpg

ニシキウズガイ?
ニシキウズガイのはずなんですがめっちゃデカいんですよねこれ…
別の貝なのかも。


2345.jpg

ハナビラダカラとウキダカラ
今までのポイントはハナマルユキが優占種だったのですが
特異的にハナビラダカラが優占種の場所を見つけたので
やっとまとまった数が拾えました
まあボロボロなのはボロボロなんですが
工作に使う分には口側がダメになっていなければ何とか(・ω・)


2346.jpg

一応マシな状態の物も何個か拾えました
そしてこのあたりで時間的にタイムアップ。
この後帰路についたのですが、片道一車線の場所で事故ったバカがいたらしく
大渋滞に巻き込まれて実に抜けるまで予定より45分も遅れる始末
おかげでお店しまっちゃってお土産もご飯もなしで帰ることに
_:(´ཀ`」 ∠):_<ご飯はセブンで肉まん買いました


2347.jpg

そして帰った次の日に荒く砂落とししてこの状況
さて片付くまでにどのくらいかかるやら(;´д`)



スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title
こんにちは。宮崎までの九州縦断の行程を車で行くのは遠いですよね。お疲れ様でした。
タルダカラとされていた黒い貝ですが、たぶんハチジョウダカラかと。タルはもっと細長で開口部が真っ直ぐで狭いです。完品だったら良かったですね。
No title
>なおきさん
宮崎は同じ九州圏内なので簡単に行けるように見えて
かなり時間的にもお金的にも大変ですよね。
行きはまだいいんですが帰りは疲れて睡魔に襲われるので
途中仮眠しつつ安全運転で帰ってます。

ご指摘ありがとうございます。
口側が黒い大型タカラガイ=タルダカラのイメージがあったんですが
ハチジョウダカラも口側黒ですね。
たしかに画像検索見た限りこちらで間違いなさそうです。
完品だとほんと嬉しいんですが
大物は傷つきやすいせいか大体口側のみになったりしますね
とりあえず持って帰って来ては次はこれを超えたいなーとか思ったりします

コメントの投稿

非公開コメント